背中ニキビと顔ニキビ

顔ニキビとどう違う?

薄着の季節になるととても気になる背中ニキビ。背中のニキビは顔にできるニキビとどう違うのでしょうか。

基本的には顔も背中もニキビの原因にさほど違いはありません。ふたつの間で大きく違うのは、環境。常に外に出ている顔と、衣服の中に隠れている背中では、肌のおかれている状態に違いがあります。


顔はいつも外気にさらされ、女性の場合は化粧をしたり、紫外線を浴びるなどのダメージを負いやすい部分です。しかし、鏡を見れば真っ先に目に入る部分ですので肌に異常が起こったときは気がつきやすく、ニキビができても早めにケアすることができます。また、皮膚の薄い顔は日々のお手入れも丁寧に行われますので、ほかの部分に比べ肌トラブルが重傷化する可能性は少ないといえるでしょう。

それに比べて背中は衣服に隠れており、外気にふれることが少ない部分です。紫外線や化粧品によるダメージは少ない部分ではありますが、代わりに汗や皮脂が非常にたまりやすく、汚れやすい場所です。

しかも、一番皮脂腺の集中している背中の中心はくぼんでいるため、入浴時でもしっかりと洗うのが難しく、洗い残しが多いのです。ニキビができた場合も、顔と比較してケアがなかなかされにくいのではないでしょうか。

また、常に衣服の布地とこすれているため、肌表面がいつも刺激を受けている環境ともいえます。就寝時にも普通人は背中を下にして眠りますので、大きな圧力を受ける部分でもあります。


このように、背中は意外なほど様々なダメージを受けている部分です。汚れやすく、ケアもしにくい箇所であり、そのためにニキビが「治りにくい」とされているのです。

背中ニキビの対策が載ったお勧めサイトを要チェック!
↓↓↓↓
背中ニキビお悩みレスキュー隊〜58日間でキレイ